Network Time Protocol 機能

Network Time Protocol 機能

X Windowシステムの机上環境でGUIからntpd/ntpdateをセットする有用性が付けられるものがあります。
同期が時間にとって不可欠になったので、NTPの機能はActive DirectoryでデフォルトでWindowsによって
Windows 2000から取り入れられました。
time.In追加でGUIでWindows XPから同期をセットすることができに来ました。
Windows NTによってリソース・キットの追加によってNTPのリソースを使用することができました。
それの前にWindowsで第三者のソフトウェアを使用することが必要でした。
日本で、Windowsが本格的にインターネット通信を始めたとき
「桜の木時計」と呼ばれているNTPの実施は1990年代後期に有名になりました。

そのうえ、NTPサーバーは、ネットワーク装置(例えばルータまたは切換HUB)に
与えられるかもしれません。
当初、それは高品質のネットワーク装置に与えられる機能でした。
しかし、NTPサーバーはネットワークを広めて2000年代後期に装置の値下げによって
消費者向けネットワーク装置のを備えています。
上記のように、NTPが荷分散を実行することができる階層構造を採用するので
それは考案されます。
しかし、DHCPとPPPによるDNSサーバー・アドレス送出の技法が階層構造ならびにNTPを
採用するためにDNSによって流布したのに対して、NTPサーバー・アドレス送出の構造は
NTPの中に存在しません。

copyright(C)ネットワークシステムについて知ろう